自分とって大切なこと~自分の軸をもつという事~

子育て

こんにちは、KAOです。

子育てにおいて大事なことはたくさんありますが、私が特に意識していることは「自分の軸を

知っている」という事です。

自分の軸を知らないと、ついつい他人をねたんだり、人を悪く言ってしまい自己嫌悪という事

が起こります。

そんな自分にならないためにも是非、自分軸を確認しましょう!!

自分軸って?

そもそも、自分軸って何でしょう?

人は日頃たくさんの自分軸を持ちながら生きています。

子育てにおいての自分軸。

仕事においての自分軸。

友達においての自分軸。

家族においての自分軸。

女性、男性としての自分軸。

など意識しているしていないは別として、自分なりの考え方や、行動基準が毎日の生活スタイ

ルになっています。

この自分の考え方や行動基準が自分軸です。

軸のポイント

ポイント①

軸を自分できちんと認識する事が大事です。

自分軸を認識している人は人の行動にあまり影響を受けずにストレスを感じにくくなります。

無意識に自分がいつも基準としている考え方や、行動基準があるはずです。

その考え方や行動基準を認識して、日々自分自身で選択して生きているこに気付いてくださ

い。

それだけで今までよりイキイキと自信を持って人生を歩めます。

自分が人生の主人公だと実感出来るようになります。

小さな事でも自分が選択している全てであなたの人生というストーリーが出来あっがているの

です。

ポイント②

もう一つのポイントはその軸はきちんと自分で選んだものかどうかを見極めて下さい。

例えば、親から受けた考え方は本当に自分の考え方か?を一度疑って下さい。

親がずっと専業主婦で、女性は子どもが生まれたら家事育児に専念して夫を支えるのが当たり

前だと思っていても、子どもを保育園に預けてバリバリ働くママを羨ましく思ったり、子ども

が可哀想!!間違ってるわ!!と悪く思ってしまう場合、そこに本当の自分軸が隠れている場

合があります。

なので、非難で終わらずそこから自分の気持ちを探ってみましょう。

そうやって本当に自分が望んだ自分軸を持ちましょう。

自分で選んだ、自分の本当の軸を持っていると人に嫉妬したり、非難する気持ちが減りま

す。

なぜなら、自分軸で物事を判断していると自分の生き方に満たされ、不安も減るからです。

思い込みで出来上がった軸では満たされず、本当の自分の考えとは違っている為に常に不安が

あります。

その為、正しそうに見える他人に苛立ちを感じ自分自身に焦りを感じます。

知らず知らずのうちにストレスも増え、情緒が安定しません。

そこから抜けだす為にも、本当の自分と向き合って下さい。

軸の見つけ方

先程のポイントの中でお話ししましたが、自分が羨ましく感じたり批判的に感じる時に是非一

歩踏み出してそこに自分の本音が隠れていないか立ち止まって自分を掘り下げて下さい。

他には自分のワクワクに添って自分軸を持つこと。

親から子育てにおいて専業主婦でいる事が重要だと受け継いでいても、仕事をしている自分を

想像するとワクワクして仕方ない、子どもとずっと家にいるより働いている方が子どもとの時

間を大切に出来るなど楽しそうな自分を想像出来る事が軸選びでは大切です。

そうする事で自分の人生をしっかり歩めます。

軸を見つける時の注意点

1つ軸探しの時に注意してほしい事があります。

それは、周りの目、声を意識しない事。

例えば少し経済的に苦しくなっても、やっぱり子どもと一緒にいたい!近くで成長をみたい!

と新しい軸を見つけたとしても、周りから、これから子どもにお金がドンドンかかるのよ!働

いてる方が子どもの為だよ!!とか、働いている親の背中を見せた方が子どもは成長する

よ!!とか、働いている親の子どもはしっかりしている!!とか色々な声が頭の中を泳ぎま

す。が!!!!そこでやっぱり…と自分の軸を頭の中の声に合わせてはいけません。

自分が主役の人生を自分の足でしっかり胸を張って歩みましょう。

最後に

どんな自分軸を選んだとしてもいい。

自分で選んだ本当の自分の軸を選択することで、きっともっと自分が好きになります。

他の人が違う軸を選んだとしても、前のあなたなら羨ましがったり、批判したりしてたかも知

れませんが、自分軸を持ったあなたなら不安が襲いかからないので、そっちの軸も素敵だねと

相手を受け入れられるようになります。

そのほうが楽しいですよね(*^^*)

ライフスタイルが(結婚・子どもの成長・親の事情など)変われば、変わってくる軸もありま

す。

その度にしっかり自分と向き合いましょう。

最高のストーリーを描きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました