体力アップで夏バテ知らずの夏を!2020

健康

こんにちは、KAOです。

本格的な夏に向けて体力をつけなくてはなぁと考えている今日この頃。なぜなら…そう!!夏バテにビビッているのです。あのダルくて、元気が出ず、大切な夏の一日を無駄に過ごしてしまっている感を味わいたくない。食事面での夏バテ防止は他の記事にしました。
今回は体力作りから夏バテ対策を考えます!!

近頃は筋トレブームで綺麗な体系をしている方を見かける機会が多くなった様に感じます。素敵だなぁ~と思いつつ筋トレはしたくない自分がいます…絶対続かない…自信あり。ただ筋肉は諦めても子どもと夏を最大限に楽しむ体力は諦めたくないっっっ(。-`ω-)!!!
夏バテでダラダラしている場合じゃないんです。子どもはどんどん成長していき一緒に過ごせる夏も減っていくのですから…

夏バテ知らず

夏バテって

そもそも夏バテとは?
夏バテとは夏の暑さに身体が適応出来なくて現れる様々な症状をまとめて夏バテと呼びます。
私たちの身体は体温が上がると汗をかいて体温を下げようとします。なので、夏はたくさん汗をかき水分の他にミネラル・ナトリウムなど身体の調子を整えてくれる栄養素も出ていってしまいます。その為、体内のバランスが崩れて、体力が消耗されて夏バテを引き起こします。

夏バテを引き起こしやすい生活

➀冷房ガンガン
外と中の温度差は大敵。冷房の設定は外との温度差5℃以下にしましょう。

②氷ゴロゴロ
常に氷の入った冷たい飲み物を飲んでいると胃腸の負担が大きくなる。
出来れば常温や温かい飲み物を意識して摂りましょう。

③睡眠不足
私たちは寝ている間に疲労回復をしています。
ですので、睡眠が短いと回復しきれずに、疲労が蓄積され夏バテしやすくなります。

つまり健康的な生活と、自分の大切な身体を労わることですね☆身体に色々な角度から負担を与えて体力が消耗すると夏バテを引き起こしやすいので、自分を大切にすることが夏バテ防止につながります!

体力アップで夏バテ知らずの夏を

筋肉と体力は別。だから私にも体力はつけられる!
夏バテしない身体作りは有酸素運動でスタミナアップがいいみたい。
有酸素運動だから体内で酸素を効率よく使う軽い運動なのでジョギングやウォーキングが代表的ですね。軽い運動とは、人と話が出来て軽く汗ばむ程度…しかも運動時間は足し算でいいので、今らか一時間頑張るぞぉ!というより買い物往復30分、お迎えに20分、10分のお散歩でトータル一時間。こう考えるとわざわざ運動するのは…という私みたいな方でも出来そうですね(o^―^o)ただ、ダラダラ動くのではなくてテキパキと少し息が上がる感じというのは意識した方がいいですね。家事(掃除機・モップ掛け・お風呂掃除)・子どもを追いかけるなども意識を変えるだけで結構有酸素運動している事になるんじゃないかな。と感じるので俄然やる気がでました!!! プラス15分ぐらいならランニングでもウォーキングでも出来ます!!というよりやります!!

まとめ

2020年夏バテ知らずで大好きな家族と最大限に夏を楽しむぞぉおおと意気込んでいるKAOでした(⋈◍>◡<◍)。✧♡

夏バテ食事編はこちらをご覧下さい

夏バテ知らずの夏を・食事編

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました